笑顔の女性

病気との関係性

腕を上げる女性

糖鎖の発見は、現代医学に大いに役立っています。
現在糖鎖の発見によって、様々な病気との因果関係が分かってきています。
研究が進み、謎が解明されれば、病気をこの世からなくすことが出来るかもしれないのです。
糖鎖が正常に働き、元々ある自然治癒力や免疫力がきちんと働けば、病気になる確率も減ると言われています。
ガンや高血圧・心臓病といった、多くの現代人に発症する生活習慣病もなくなるかもしれません。

糖鎖と病気との因果関係が明らかになりつつあります。
アレルギーも、糖鎖の減少や異常が関係していると言われています。
アレルギーやアトピーは、子供だけでなく大人でも発症する疾患の一つです。
アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくも、アレルギーとして代表的なものです。
引き起こる原因は、アレルゲンのような異物を外に出そうとするからです。
薬も多数投与されますが、副作用の大きいものばかりです。
糖鎖を含む食品を補うことで、粘膜をしっかりとさせ、好酸球の働きを良くする・コントロールすることが出来ます。
過剰なアレルギー反応も、正常に働くことで症状緩和につながるでしょう。

糖鎖は、その他にも関節リウマチやダウン症・不妊や認知症といった病気にも効果が期待されています。
一見関係がなさそうですが、不妊症も糖鎖が関係しています。
卵子と精子の糖鎖が、ぴったりと一致したときに受精となります。
ですが、糖鎖異常が不妊原因の3割を占めていると言われています。
他にも認知症は、神経伝達の異常によるものと言われていますが、伝達機能にも糖鎖が関わっています。
様々な病気の原因とも言われているので、予防のために糖鎖栄養素を含む食品やサプリメントを積極的に摂取することが求められます。